【SMS詐欺】Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。騙されないで!

Amazonプライム会費のお支払い方法に問題がありますという詐欺暮らし

ふと私のスマホを見ると、

「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。支払い情報の復旧を確認す:http://me.user-update.fun」

というショートメールが届いておりました。

また来たか!と思いつつも注意喚起として本記事でご紹介致します!

スポンサーリンク

実際に届いた不審なショートメッセージ(SMS)

実際のショートメッセージ(SMS)の内容がこちらです。
Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります

ここで、非常に残念なお知らせがあります。

そもそも私はアマゾンプライム会員じゃない!

さらに、私のスマホがスパムメールと判別して赤色の!マークで警告してくれました。

もう有名な話かもしれませんが、これは詐欺サイトへ誘導する罠です。

Amazon.co.jpを装った偽のショートメールです。

そして、この手口はあの時とまったく同じ、、、後述します。

不審なメッセージを受信した場合は、添付のリンクを開かないこと。

今回はすぐにフィッシングだと気が付きましたが、Amazonや楽天など有名企業を名乗ったネット詐欺が増えているようです。こうした詐欺サイトから個人情報が盗まれますので、皆様もご注意ください。

以前、似たようなケースで宅配業者を装った詐欺についても取り上げておりましたので、よろしければご参考ください!

 

 
上の記事をご覧いただくと分かるのですが、今回のAmazonを装ったフィッシングメールと共通することがあります。偽装メールを判断するポイントです。
 

①文章が明らかにおかしい
文法的な誤りや、誤字脱字など。今回のメールもよく見てみると「支払い情報の復旧を確認す」で切れてます。他の言語から自動翻訳され、校正されないまま送信されているようです。

②URLリンクが怪しい
無意味なアルファベットの羅列や見慣れないドメイン名。大手企業の名前が入っている場合もあるようですが、ドメイン末尾までよく確認しましょう。

URLリンクをきちんと確認することも大事ですが、今どきSMSから直接他のサイトに誘導させるような企業はないと思います。

参考:Amazon.co.jpを装った詐欺を見抜く為に

Amazon側からも、フィッシングやなりすましメールの被害に遭わない為の情報が紹介されています。

AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける

Amazon.co.jpからの電話かどうかを見分ける

引用:amazon.co.jp>ヘルプ&カスタマーサービス>セキュリティおよびプライバシー

私のもとに届いた「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります」以外にも、SMS詐欺の手口や種類が記載されております。

Amazon.co.jpが公式に使用している送信情報も確認することができますので、気になる方はぜひご確認ください!

スポンサーリンク
暮らし
買物白書